古典不要論について。

 こんばんは、しめじです。  今夜は、一度、国語教師として、あるいは、日本語の言語文化に関わる職業に就く人間として、これについて自分なりの立場のようなもの、を書き留めておきたいと思います。  もちろん、そもそも正解不正解…

【古典文法】助動詞その四【む、べしの続き】

こんばんは。しめじです。 今回は、前回の続き、助動詞「む」「べし」の、用法の見分け方や訳の仕方についてお話していきます。 その前に、まずは軽く前回の内容を思い出しましょう。 目次 助動詞「む」について。助動詞「べし」につ…

【古典文法】助動詞その参【む、べし】

 こんばんは、しめじです。  前回は、助動詞を六つまとめて紹介しました。  過去の「き、けり」。 完了の「つ、ぬ」。 存続の「たり、り」。  ちょっといきなり六つは大盛過ぎたかもしれませんが、多分一括りにしてイメージした…

【古典文法】助動詞 その壱【打消の「ず」】

 こんばんは、しめじです。  今夜から、助動詞の話を具体的に進めていこうと思います。  あまりまとめてがーっと書くつもりはないので、一日に二つか三つくらいが限度だと思いますが、ちょっとずつ紹介していきます。  紹介するの…